スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
リングボーイ/リングガール
まずはいつもの情報チェック!

リングボーイとは、結婚式で指輪の交換のときに結婚指輪をリングピローにのせてを運んでくれる子供のことをいいます。男の子でも女の子(リングガール)でも問題ありません。日本のウエディングではあまり見かけませんが、欧米などではよく見られる光景です。

かわいらしい子どもが指輪を運んでくれる様子は、結婚式を和やかで幸せな雰囲気に包み込んでくれる存在になります。だいたい3~7歳くらいの子供にお願いすることが多いようです。

また最近では、愛犬にその大役をお願いする「リングドッグ」などを行う式場も出てきています。ひとつの演出として、これまで以上に定着してくるかもしれませんね。

もっと転職の情報収集!


★予告★
10月にブライダル業界に特化した就職・転職サイトがOPEN!
詳細は随時ブログにて紹介していきます。
ブライダル業界への就職・転職を考えている方は要チェック!
スポンサーサイト
【2007/11/26 10:58 】 | 未分類 | トラックバック(0) |
ケーキチャーム
まずはいつもの情報チェック!
ケーキチャームとは、欧米から伝わった披露宴での演出方法の一つです。チャームとは、魔除けやお守りの意で、色々な形をしたものがあります。

演出方法としては、ウエディングケーキの下にリボンに通したチャームを置き、ゲストが順に引き将来を占います。ケーキカットの前に行われることが多いですね。参加者は主に未婚の女性のゲストの中から選ばれます。

また、当たりのチャームを選んでおいて、当ったゲストにプレゼントを贈るという演出も可能です。ウエディングプランナーや結婚式演出の会社で働いた場合ケーキチャームの演出を提案することもあるかもしれませんね。


もっと転職の情報収集!


★予告★
10月にブライダル業界に特化した就職・転職サイトがOPEN!
詳細は随時ブログにて紹介していきます。
ジュエリー業界の求人情報や就職・転職に役立つ情報を現在準備中です。
ブライダル業界への就職・転職を考えている方は要チェック!
【2007/11/21 14:30 】 | 未分類 | トラックバック(0) |
ツインリング
まずはいつもの情報チェック!http://blog.with2.net/rank1521-0.html

ツインリングとは、2つあるいはそれ以上のリングを1ヶ所でからませ、1組にしたものをいいます。
新郎新婦のもつマリッジリングを合わせると1組のリングになり、模様が浮き出るものなどもあり、ふたりの幸せを彩る素敵なリングです。

もっと転職の情報収集!


★予告★
10月にブライダル業界に特化した就職・転職サイトがOPEN!
詳細は随時ブログにて紹介していきます。
ジュエリー業界の求人情報や就職・転職に役立つ情報を現在準備中です。
ブライダル業界への就職・転職を考えている方は要チェック!
【2007/11/20 17:33 】 | 未分類 | トラックバック(0) |
エンゲージリング
まずはいつもの情報チェック!

エンゲージは「契約」や「約束」の意。つまりエンゲージリングとは、結婚の約束を示す婚約指輪です。15世紀ごろからヨーロッパの貴族で婚約時にダイヤモンドの指輪を贈る習慣が流行してきましたが、結婚指輪と婚約指輪を別々に贈るようになったのは、19世紀末ごろからといわれています。
日本では1970年以降に広まりをみせました。

ちなみに、エンゲージリングは給料の3ヶ月分という言葉を聞いたことがあるかもしれません。
これはデ・ビアス社が当時の日本人の所得水準から割り出した広告の宣伝文句なんですよ。


もっと転職の情報収集!


★予告★
10月にブライダル業界に特化した就職・転職サイトがOPEN!
詳細は随時ブログにて紹介していきます。
ジュエリー業界の求人情報や就職・転職に役立つ情報を現在準備中です。
ブライダル業界への就職・転職を考えている方は要チェック!
【2007/11/19 15:39 】 | 未分類 | トラックバック(0) |
バージンロード
まずはいつもの情報チェック!

バージンロード(virgin road)は、キリスト教の教会の入り口から祭壇までの通路のことをいいます。またそこに敷かれている白い布や赤や青の絨毯、通路そのものを指すこともあります。かつて、バージンロードという名称はなく、 ウェディングドレスが着られるようになった中世ヨーロッパの頃から、この名で呼ばれるようになったといわれています。

実はバージンロードは和製英語で英語では教会中央の通路はAisle(アイル)と呼ばれています。教会で行われる結婚式の場合、新婦とその父親がこの布の上を歩いて入場します。バージンロードが今まで歩んだ道で、その先の未来を新郎を進んでいくという意味があるとも言われています。歩き方は、①右足を出して左足を揃える → ②左足を出して右足を揃えるの繰り返しです。


もっと転職の情報収集!


★予告★
10月にブライダル業界に特化した就職・転職サイトがOPEN!
詳細は随時ブログにて紹介していきます。
ジュエリー業界の求人情報や就職・転職に役立つ情報を現在準備中です。
ブライダル業界への就職・転職を考えている方は要チェック!
【2007/11/15 19:29 】 | 未分類 | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。