スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
プリザーブドフラワー
まずはいつもの情報チェック!


プリザーブドフラワーは、1991年にフランスで生まれました。プリザーブ(preserve)とは、保存という意味です。この技術は、植物の樹液を有機保存液と置き換える特殊な技術を使うことで、花の組織を完全に保ちながら数ヶ月から数年の間長期保存が可能な花を実現しました。

ウエディングでも、思い出のブーケやブートニアを長く保存するためにこの技術が使われることもあります。またギフトなどでも人気が高いですね。プリザーブドフラワーと聞くとドライフラワーのような硬いイメージがあるかもしれませんが、手触りは生花に近くとてもソフトです。

また有機保存液に様々な色を用いることができることを使い、生花では不可能な様々な色の花(青いバラなど)も可能になります。

もっと転職の情報収集!


★予告★
10月にブライダル業界に特化した就職・転職サイトがOPEN!
詳細は随時ブログにて紹介していきます。
ジュエリー業界の求人情報や就職・転職に役立つ情報を現在準備中です。
ブライダル業界への就職・転職を考えている方は要チェック!
スポンサーサイト
【2007/11/05 12:26 】 | 未分類 | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
→http://bridalwork.blog118.fc2.com/tb.php/49-72c8a509
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。